ヨーガイベントレポート

2014年6月7日(土)@榴岡市民センター

東北復興チャリティーイベント第22回インテグラル・ヨーガレッスン

あの日以降、私たちを取り巻く環境は大きく変わりつつあります。
こんな時だからこそ、ヨーガで自分の身体と心の平安を取り戻しましょう。
ヨーガは困難な状況を乗り越えていくための究極の知恵とも云われています。
頑張りすぎず、でもしっかり自分の身体と向き合ってチャレンジ♪

仙台市出身で東京都内を中心に活躍中のAKI先生のご協力のもと、第22回目のインテグラルヨーガ・チャリティーレッスン会が開催されました。
今回はパークヨガの予定でしたが、想定外の早い梅雨入りで外はあいにくの小雨模様。
急遽、榴岡公園内の榴ヶ岡市民センターをお借りして屋内でのレッスン会となりました。
窓の外には緑の木々が生い茂り、小鳥のさえずりが心地よいBGMに・・・

今回のレッスンテーマは「ヨーガで梅雨を快適にすごしましょう!」
梅雨時期はむくみやすく、なんとなく身体の重さだるさを感じますよね。
この時期は気圧が下がる影響でリンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まりやすいので、なんとなく疲れを感じてしまうのです。じめじめと湿度が高い日が続くと副交感神経の働きが高まるので、心も身体も重くなり、鬱々と気持ちが落ち込んだり、やる気がなくなったり、ついつい背中も丸くなり姿勢も猫背になりがちです。

今回はねじるポーズとリンパを刺激するポーズで身体のデトックス機能を高め、閉じた胸を開き交感神経の働きを高め、気持ちを元気にするポーズをご紹介。

まずは、ヴァジラ・アーサナ(ダイヤモンドのポーズ)で意識を内側に向けていきます。
両手を合わせてご挨拶。
そしていつものようにオーム三唱とAKI先生のマントラから。
AKI先生の澄んだ歌声が優しく響き渡り、徐々に心に静けさが宿ってきます。
スカ・アーサナ(安楽座)でアナパーナ・サチ(呼吸観察)
日常の浅い呼吸からヨーガのゆったりとした呼吸法へ・・・
鼻から吸って鼻から吐く。
ゆったりとした深い呼吸を繰り返します。心と身体を繋げ、外に向いている気持ちを内側に向けていきます。

ヨーガ・レッスンの様子(1) ヨーガ・レッスンの様子(2)
ヨーガ・レッスンの様子(3)

準備運動で少しずつ身体をほぐしていきます。
足首をゆっくり動かしたり、股関節まわり、足首、足の裏、足指もゆっくりほぐしていきます。集中を足先に向け、足先に血液が流れるのを感じてみましょう。自分が心地いいところがベストです

首、肩の肩甲骨周りのリラックス
ゆっくり呼吸をしながらほぐしていきます。

ヨーガ・レッスンの様子(3) ヨーガ・レッスンの様子(4)

★ドゥビハスタ・アーサナ(アンテナのポーズ)
胸を開き、脇の下のリンパを刺激し流れを良くします。
肩こりや姿勢の改善、気持ちを前向きにしてくれるアーサナです。
生命エネルギー(プラーナ)を取り入れる様な気持ちで行いましょう!

ヨーガ・レッスンの様子(5) ヨーガ・レッスンの様子(6)

「第22回 インテグラル・ヨーガ レッスン会 ダイジェスト1/7」

★腹筋
腹筋を高めて排出力を高めましょう。

★トビウオのポーズ
猫背の解消には背中の筋肉を鍛えること。姿勢を支えるのにも大切な身体の裏側の筋肉を使います。

★シャーンシャーンカ・アーサナ(ウサギのくつろぎのポーズ)
 背中を丸くするポーズは副交感神経の働きを高めます。

ヨーガ・レッスンの様子(7)

★脚のハヴアナムクタ・アーサナ
『パヴァナムクタ』とはパヴァナ「風、毒素」ムクタは「解き放つ」という意味で関節からの毒素を解き放つアーサナです。今回はむくみやすい下半身を中心に行います。
仰向けでできる初心者の方にも無理なく出来るポーズなので、慣れている方もウォーミングアップとして行うとアーサナがとてもやりやすくなるでしょう。

「第22回 インテグラル・ヨーガ レッスン会 ダイジェスト2/7」

「第22回 インテグラル・ヨーガ レッスン会 ダイジェスト3/7」

「第22回 インテグラル・ヨーガ レッスン会 ダイジェスト4/7」

「第22回 インテグラル・ヨーガ レッスン会 ダイジェスト5/7」

ヨーガ・レッスンの様子(8)

★ウールドヴァムカ・シュヴァーナ・アーサナ(上を向いた犬のポーズ)
身体を反らせたり、表側を伸ばすポーズは交感神経の働きを高めます。

★アルダマッチェーンドラ・アーサナ
ヨガの代表的なねじりのポーズです。意識的に腹式呼吸をする事で内蔵への刺激を高めます。

★パリブリッタ・ジャーヌシールシャ・アーサナ
脇腹を伸ばすとともに腎臓や肝臓にも刺激を意識するとデトックス効果も期待できます。

★バッタコーナ・アーサナ
股関節周りを柔軟にし、骨盤の血液の流れを良くする効果があります。

★トリコーナ・アーサナ
脇腹を伸ばし内蔵への刺激を刺激します。手を床に付ける事よりも身体が前屈みにならないように胸を開いた状態で行うと良いでしょう。

★パリブリッタ・トリコーナ・アーサナ
トリコーナアーサナからねじる動きをプラスする事でより内蔵への刺激を高めます。

ヨーガ・レッスンの様子(9) ヨーガ・レッスンの様子(10)

★パシュチモターナ・アーサナ
ヨーガの古い教典にも『身体の疲れを除去する』『消化力を高め腰を細くし無病にする』とポーズの効果が書かれています。毎日実践したいアーサナの一つです。

「第22回 インテグラル・ヨーガ レッスン会 ダイジェスト6/7」

「第22回 インテグラル・ヨーガ レッスン会 ダイジェスト7/7」

★シャヴァ・アーサナ
全身をリリースしましょう。
軽く両腕両足を開き、意識を向けて、身体の隅々まで力を抜いていきます。
寝ているのではなく、目覚めているのではなく、丁度その中間にいるような状態。
意識をもって力を緩めていくので、体を芯から休ませられます。
5分のシャヴァ・アーサナは1時間の睡眠にも匹敵する効果があるといわれています。

★シータリー呼吸法 シータリーとは熱を冷ますという意味があります。 身体の熱や乾きを癒し、心にも落ち着きと静寂を与えてくれる呼吸法です。

①舌を少しだけ口から出して、舌をストローのように丸めます。
(出来ない人は歯をイーッと出す感じで、前歯を合わせて、歯の隙間に呼吸を通すようにして息を吸い、その後口を閉じゆっくりと鼻から息をはきます。
これはシートカーリという呼吸法と呼びますが、効果はシータリー呼吸法と同じです。)
ヨーガの呼吸は特別なことがない限り鼻から吸いますが、この呼吸だけが口から吸う呼吸法です。

②ゆっくりと舌を通して息を吸います。
③口を閉じ、両鼻からゆっくりと息を吐いていきます。
※これを何回か繰り返します。

舌を通して冷たい空気を吸い込んで、鼻から体内に溜まった温かい空気を吐き出していく感覚です。

自然呼吸に戻し、終わりのマントラ~ご挨拶でレッスン終了です。

ヨーガ・レッスンの様子(11) ヨーガ・レッスンの様子(12)

お疲れ様でした。
Om shanti shanti shanti 
(オーム シャンティ シャンティ シャンティヒ)
shantiはサンスクリット語で「平和」という意味があります。
最初のshantiは自分に 
ふたつ目のshantiはまわりの人のために
最後のshantiは私達をとりまく環境全てに
安らぎが、平和が、静寂が訪れますように。シャンティ・・・。

ご参加いただいた皆さん、AKI先生・・・
本当にありがとうございました。

ヨーガ・レッスンの様子(13)

【メッセージ】 梅雨というと何となく気が落ち込んで、嫌だなぁと思いがちですが、考え方を変えると気持ちが心静かにゆったりと過ごせる時期でもあります。
雨の音を聴きながらヨーガをしたり、読書をしたり、雨露に濡れる紫陽花の花を眺めたり・・・なかなかステキな季節ですよね。
季節の変化に合わせ日常生活にヨーガを上手に取り入れることにより、梅雨もすっきりとした気持ちと身体で過ごす事が出来ると思います。
この時期は断食を行うのにも適した時期ですので、是非チャレンジをしてみて下さいね。

知らず知らずのうちに呼吸が浅くなっていたりはしませんか?
いろんな思いを溜め込み過ぎてはいませんか?
せわしない生活をしていると、ゆっくりとした呼吸や動作が不安になるかもしれませんが、安心してゆっくり深呼吸してみましょう。
肩の力を抜いて深呼吸することで、ふと、気づくことがたくさんありますよ。

ツナガルJAPANプロジェクトでは、これからも定期的にインテグラル・ヨーガのレッスン会を開催してまいります。
ヨーガのポーズと呼吸法により、人間が本来持っている自然治癒力を最大限に引き出すことで、心身を健やかに保てるようサポート致します。
初めての方もどうぞお気楽にご参加くださいませ。

ヨーガはインド・サンスクリット語で「~をつなぐ」「結ぶ」という意味。
ヨーガは「ツナガリ」です!
是非、毎日の生活に取り入れて自己の心と身体をつないでいきましょう♪
そして、この出会いが今後もツナガッて、広がっていきますように!!

AKI先生がダイエット本のモデルになりました!

福辻式

清流出版 » http://www.seiryupub.co.jp/
2011年1月19日絶賛発売中!

福辻式「寝る」「押す」美ダイエット法

著者 福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)

モデル AKI (ヨーガ/ピラティスインストラクター)

定価 1260円〈税込〉

福辻式

【著書コメント】

本書は、お金をかけたくない、運動は嫌い、時間がない、
美味しいものはやめられない、というわがままなご要望にお応えするダイエット法である。
一回五分、一日一回でもオーケーというお手軽さも魅力。
特に器具を使うわけでもない。家庭にあるタオルを使用するだけだ。
これで目に見えて効能効果が表れるというのだから言うことなし。
決定版ともいうべきリバウンドなしのダイエット法である。

PAGE TOP