東日本大震災復興支援CD「希望の鼓」

東日本大震災復興支援CD「希望の鼓」

●収録曲

「大地の詩 -2011.2.19コンサートより-」

作詞・作曲:佐藤三昭 編曲:M's Japan Orchestra

演奏:M's Japan Orchestra


「紅い花」

作詞・作曲:ヨシケン 編曲:族-yakara- with Vanilla Sky Family

演奏:族-yakara- with Vanilla Sky Family


「櫻 風 -負けないぞみちのくMIX-」

作詞・作曲:佐藤三昭 編曲:黒瀬寛幸・hanawaya

演奏:閃雷


「明日晴れるから」

作詞・作曲:佐藤三昭 編曲:ヨシケン・比留間瞬

演奏:族-yakara- with Vanilla Sky Family

沢山のミラクル(=奇跡)に包まれてこのCDは完成しました。
そしてあなたのミラクルで「希望の音」となるでしょう。

●Vanilla Sky Records のアーティスト達が東日本大震災で被災した同邦楽専用レーベル心音Vanilla Sky Heart Beat Records(3D-FACTORY内)と共に東日本大震災復興支援CDを制作しました。参加アーティストは"夏の日の1993"がミリオンヒットした元classの日浦孝則、ヨシケン、比留間瞬、勝詩、hanawaya、閃雷、族-yakara-、M'sJapan Orchestra。


【貴重な4曲を収録】

★震災20日前(2.19)に仙台で行われたM's Japan Orchestraのコンサートから「大地の詩」のライブ音源をマスタリング。この曲は震災後の演奏の場ではテーマ曲として演奏されます。冒頭にリーダー三浦公規(みうらこうき)が語った「今大地に耳を傾けなければいけないのは僕等なんじゃないでしょうか?」はこの震災を経て、改めて私達の生き方を考えさせられます。

★「紅い花」の録音では震災後自粛を余儀なくされていた和太鼓を初めて公式に打ったその日にジャンルや世代の枠を越えてレコーディングが行われました。5月11日TOKYO FM「シナプス」で3D-FACTORYが行う「青い鯉のぼりプロジェクト」を取材したラジオパーソナリティやまだひさし氏により「紅い花」を番組オンエアー上で紹介し、話題となりました。

★族-yakara-忘年会公演で初演され、CD化の要望の高かった「明日晴れるから」をVanilla Sky Recordsの強力なヴォーカル陣が担当し、この2曲では族-yakara-の4人がコーラスも担当しています。

★映画「つるしびな」の主題歌「櫻風」はHanawayaによるリミックスが行われ、散り行く桜の様を表現したオリジナルに対して全てのエネルギーを蓄え、芽吹き、新たな花を咲かせるかの様な仕上がりとなっております。


さらに、ジャケットの表紙には「六本木心中」「恋におちて」などのヒット曲の作詞を手掛ける湯川れい子さんが、厳しくも温かい愛のこもったメッセージを寄せていただきました。


尚、3D-FACTORYの意向により、コミュニケーションの原点に立ち戻りCD-Rで1枚1枚手作りで制作(シリアルナンバー入)され、アーティストの手から手へ、直接出会った人々と共に今回の震災の事を共有したいとの事で、各アーティストのLIVE会場のみで発売されます。またCDの収益金は全額「希望の鼓基金」に寄付され和太鼓を始めとする東北の伝統芸能、創作芸能の復興に役立てます。

PAGE TOP